アメリカで美容整形に関して行った実験のニュース

アメリカの研究班が、「美容整形手術を行うことが、対象者の外見的魅力に必ずしも影響を与えない」とする趣旨の論文を発表しました。
これは、レノックス・ヒル病院に勤めるドクター、ジョシュア氏を中心に行われた実験がもとになっています。
美容整形をする前後の外見的魅力を点数化して比較することで、手術によってどれだけの魅力が増加したかを、客観的に検証しようとしたのです。
研究班は、近隣地域から集めた参加者に、42~73歳の美容整形手術をした49人の写真(手術前と手術後)を評価させました。
参加者は、写真に写っている人の年齢を推測し、その人の魅力を1から10までの10段階で評価するように指示されました。
このとき参加者が同一人物の手術前と手術後の写真を見比べることができないように、操作されていました。
年齢については、美容整形手術前の写真は、実年齢よりも平均で2・1歳若いと推測されました。
美容整形手術後の写真については、参加者は平均で5・2歳若いと推測しました。
つまり美容整形手術によって、平均でマイナス3歳ほど若く、周囲から認知されていることになります。
しかし10段階による外見的魅力スコアは、多くの写真で平均4~6の評価となり、
美容整形手術前と後で、魅力スコアに全く違いがでなかったのです。
そのため、整形手術によって認知される見た目年齢は平均で3歳ほど若くなるが、
当事者の魅力アップにはつながらないという結論に至ったのです。
ただし、顔のリフトアップなどのアンチエイジングを目的とした美容整形手術では、
平均で7歳ほど若く見られるという結果が得られています。
今回の実験で、術前と術後の見た目年齢がの差が3歳ほどにとどまったのは、
まぶたの手術のみなどといった、狭い部分での美容整形手術を行った人が含まれているためとされています。
この実験の方法では、個人の整形の程度を測っていないので、正確なデータとは言えないと思います。
どの美容整形をしているのか、何箇所整形しているのかで、点数は変わるはずだからです。