二重のプチ整形

一重のまぶたにいつも悩んでいました。
卒業アルバムに載る自分の個人写真はいつもぼーっとしている
印象で、その写真を見るたびにコンプレックスを抱いていました。
友人はぱっちり二重なのに、どうして、自分はこんなに醜いんだろう。
そう思っていました。
正直、鏡で見ているときはそんなに気にならないです。しかし、
写真を撮って、現像してみると、ひどい印象で、
他の人には、自分はこんな風に見えているんだと思うとショックでした。
中学校を卒業した頃、アイプチがドラッグストア等で売られるようになり
挑戦してみることにしました。赤いスティックとのりのような
液体を使い、まぶたに、二重を作る。
最初は馴れませんでしたが、だんだんに、二重の自分に馴れていき、
学校にもアイプチをしていくようになりました。見た目が変わるだけで
少しではありますが、自信がつくものです。
写真を撮ることも以前ほど嫌ではなくなりました。
然し、アイプチと化粧をとると、元の顔のままです。大学に入り、
私には彼氏ができました。彼氏は当然、私がアイプチをしていること
を知らないですし、私のすっぴんを見たこともありません。そんな彼氏と
旅行に行くことになりました。旅行では、どうしても化粧を落とさずにいる
のが難しいので、この際思い切って整形をしてしまおうと決意し、
クリニックに出向いてみることにしました。
クリニックに電話をすると、とても親切に応対してもらうことができ
少し安心しました。実を言うと、高校時代の友達がプチ整形をしたと
聞いたこともあり、紹介してもらったクリニックです。
カウンセリングに行くと美容外科の医師の方が、2点どめ・3点どめについて
解説してくれて、鏡で、施術後のイメージを作ってくれました。
施術後にお風呂に入っても良いか等細かい質問にも答えてくださり、
2点どめで手術をすることにしました。
実際の手術は思っていたよりも簡単で、ベッドに横になりタオルを
かけてもらい、あおむけになっている状態で、短時間で終わりました。
施術後も心配していた痛みなどなく、常に二重でいることができ、
今はとても充実した日々を送っています。